WEB別冊文藝春秋

《読んで楽しむ、つながる》小説好きのためのコミュニティ! 月額800円で、人気作家の作品&インタビューや対談、エッセイが読み放題。作家の素顔や創作秘話に触れられるオンラインイベントのほか、お題企画や投稿イベントなど参加型企画も盛りだくさんでお届けしていきます。

WEB別冊文藝春秋

《読んで楽しむ、つながる》小説好きのためのコミュニティ! 月額800円で、人気作家の作品&インタビューや対談、エッセイが読み放題。作家の素顔や創作秘話に触れられるオンラインイベントのほか、お題企画や投稿イベントなど参加型企画も盛りだくさんでお届けしていきます。

リンク

マガジン

  • WEB別冊文藝春秋

    《読んで楽しむ、つながる》小説好きのためのコミュニティ! 月額800円で、人気作家の作品&インタビューや対談、エッセイが読み放題。作家の素顔や創作秘話に触れられるオンラインイベントのほか、お題企画や投稿イベントなど参加型企画も盛りだくさんでお届けしていきます。

  • 冲方丁「マイ・リトル・ジェダイ」(*小説)

    不慮の事故にあった息子。意識不明のはずの彼から、オンラインゲーム内でメッセージが届いた。再び元気な息子に会うため、不器用な父はゲームの世界へと飛び立つ

  • 透明ランナーのアート&シネマレビュー

  • ピアニスト・藤田真央「指先から旅をする」(*語り下ろし)

    毎月語り下ろしでお届け!

  • WEB別冊文藝春秋【無料記事】

    WEB別冊文藝春秋の無料で読める記事をまとめました。

ウィジェット

WEB別冊文藝春秋

《読んで楽しむ、つながる》小説好きのためのコミュニティ! 月額800円で、人気作家の作品&インタビューや対談、エッセイが読み放題。作家の素顔や創作秘話に触れられるオンラインイベントのほか、お題企画や投稿イベントなど参加型企画も盛りだくさんでお届けしていきます。

すべて見る

冲方丁「マイ・リトル・ジェダイ」#020(最終回)

ついにたどり着いた世界大会の最終ゲーム。 チーム・リンの勝敗の行方はいかに!? そして、リンは昏睡状態から目を覚ますことができるのか…? 9  これまで以上に華々しいレーザー光線、花火、スモーク、音楽、そしてムービーとともに、アナウンスが猛然と雄叫びを上げて告げた。「いィイイイまァアアア! 伝説が生まれるときが来たァアアア! トゥルゥウウウウ、ファイナァアル、エキジビション、ロイヤルバトル、ラストゲェエエエム!」  プレイヤーたちのブースをびりびり震わせるほどの音声と大歓

スキ
2

冲方丁「マイ・リトル・ジェダイ」#019

世界中の人々からのエールを一身に受け、いざ「チーム・リン」出陣! やる気は十分のはずなのに、何やらリンの様子に異変が生じている様子。 このピンチを前に、父・ノブにできることは… 7  ブースの周囲には大会のスタッフが何人も集まってきて、「リンギングベルは大丈夫なのか?」とささやき合っていた。他のプレイヤーたちも席を立って暢光と裕介がいる方へ首を伸ばし、観客は低くざわめき、アナウンスは次に何を告げればいいかわからず沈黙している。 《ごめん、お父さん! 目が覚めた!》凜一郎が

スキ
2

『ピンク・クラウド』――未来を予言してしまった映画が描く限界状況の人間関係|透明ランナー

 世界中で突如発生した正体不明のピンク色の雲、その空気を吸い込むと10秒で死に至る。人々はある瞬間を境に家から出られなくなり、突然新たな生活様式が始まる――。そんな世界を描いた映画『ピンク・クラウド』が、2023年1月27日(金)から公開となりました。    映画の冒頭で「2017年に脚本が書かれ、2019年に撮影された。現実との一致は偶然である」という文言が流れます。この映画は新型コロナウイルスのパンデミックの前に構想された物語なのです。2021年1月のサンダンス映画祭でワ

スキ
8

宇野碧|嵐の日に出逢ったものは

 初対面の人との会話は、あまり得意ではない。  相手の価値観や嗜好を何も知らない状態から始めるコミュニケーションは、私には高度すぎる。まずフレンドリーのさじ加減がわからない。もう少し親しげにした方がいいのか、距離感を保った方がいいのか。  どこまで自分の意見を述べればいいのか、これは踏み込みすぎた質問にあたるのか、かといって形式的な質問ばかりでもただ間を持たせるためだけに話しているみたいだし、等々。いつも考え惑いながら話す。「話す」「聞く」のバランスも難しい。いつ話を切り上げ

スキ
5

冲方丁「マイ・リトル・ジェダイ」(*小説)

不慮の事故にあった息子。意識不明のはずの彼から、オンラインゲーム内でメッセージが届いた。再び元気な息子に会うため、不器用な父はゲームの世界へと飛び立つ

すべて見る
  • 21本

冲方丁「マイ・リトル・ジェダイ」#020(最終回)

ついにたどり着いた世界大会の最終ゲーム。 チーム・リンの勝敗の行方はいかに!? そして、リンは昏睡状態から目を覚ますことができるのか…? 9  これまで以上に華々しいレーザー光線、花火、スモーク、音楽、そしてムービーとともに、アナウンスが猛然と雄叫びを上げて告げた。「いィイイイまァアアア! 伝説が生まれるときが来たァアアア! トゥルゥウウウウ、ファイナァアル、エキジビション、ロイヤルバトル、ラストゲェエエエム!」  プレイヤーたちのブースをびりびり震わせるほどの音声と大歓

スキ
2

冲方丁「マイ・リトル・ジェダイ」#019

世界中の人々からのエールを一身に受け、いざ「チーム・リン」出陣! やる気は十分のはずなのに、何やらリンの様子に異変が生じている様子。 このピンチを前に、父・ノブにできることは… 7  ブースの周囲には大会のスタッフが何人も集まってきて、「リンギングベルは大丈夫なのか?」とささやき合っていた。他のプレイヤーたちも席を立って暢光と裕介がいる方へ首を伸ばし、観客は低くざわめき、アナウンスは次に何を告げればいいかわからず沈黙している。 《ごめん、お父さん! 目が覚めた!》凜一郎が

スキ
2

冲方丁「マイ・リトル・ジェダイ」#018

オンラインゲーム『ゲート・オブ・レジェンズ』の世界大会に参加したノブとリン。 肩慣らしのレースが終わり、いよいよ本選を迎えた 彼らを待ち構えていたものは―― 5 《七位⁉ 本当に⁉》亜夕美の声が、裕介のポータブルゲーム機から聞こえた。 《本当だ! やったね、リン!》という達雄くんの興奮した声や、《すごいじゃーん!》という明香里の笑い声がした。 《あそこで良い乗物とアイテムが手に入るとは、これは来てますよ芙美子さん》武藤先生の喜びの声に、《この強運をもっと高めないとね》とい

スキ
4

冲方丁「マイ・リトル・ジェダイ」#017

この戦いに、息子の人生がかかっている―― オンラインゲーム『ゲート・オブ・レジェンズ』の 世界大会に出場するため、暢光はシンガポールへと向かった。 大舞台を前に緊張を隠し切れない暢光だったが…… 第七章 ヒーローは戦う Game start1  暢光は、裕介とともにシンガポールのチャンギ空港に降り立ち、その南国風の未来都市といった感じの広大なターミナルを進んでいった。すぐ隣には人工の滝を備えたアトラクションやショッピングモール付きの複合施設があり、到着してすぐ現地のテーマ

スキ
3

透明ランナーのアート&シネマレビュー

すべて見る
  • 38本

『ピンク・クラウド』――未来を予言してしまった映画が描く限界状況の人間関係|透明ランナー

 世界中で突如発生した正体不明のピンク色の雲、その空気を吸い込むと10秒で死に至る。人々はある瞬間を境に家から出られなくなり、突然新たな生活様式が始まる――。そんな世界を描いた映画『ピンク・クラウド』が、2023年1月27日(金)から公開となりました。    映画の冒頭で「2017年に脚本が書かれ、2019年に撮影された。現実との一致は偶然である」という文言が流れます。この映画は新型コロナウイルスのパンデミックの前に構想された物語なのです。2021年1月のサンダンス映画祭でワ

スキ
8

「DOMANI・明日展 2022-23」――2年ぶりの開催となった文化庁・在外研修の成果展|透明ランナー

 こんにちは。あなたの代わりに観てくる透明ランナーです。  今回紹介するのは、六本木・国立新美術館で2023年1月29日(日)まで開かれている「DOMANI・明日展 2022-23」です。  文化庁は若手芸術家の海外研修を支援する「新進芸術家海外研修制度」(略称:在研)を1967年度から実施しており、美術分野ではこれまでに1,400人を超える人材を送り出してきました。この研修の成果を発表する機会として、1998年から「DOMANI・明日展」が開催されています。当初の会場は

スキ
15

2022年の美術展&ギャラリー展示ベスト10|透明ランナー

 こんにちは。あなたの代わりに観てくる透明ランナーです。  私が美術展・ギャラリー巡りを本格的に始めたのは高校生のとき。それ以来毎年さまざまなジャンルの展覧会を訪れました。地方の美術館や芸術祭にも、時間を見つけては夜行バスや青春18きっぷで足を運んできました(その様子を「限界旅行」と称し、WEB別冊文藝春秋でオンライントークイベントをする機会を与えていただきました)。  2022年は美術館とギャラリーあわせて186の展示に行くことができました。この記事ではその中からそれぞ

スキ
12

マルチバースカンフー映画からパルム・ドール受賞作まで…今年映画館で見たい作品10選!|透明ランナー

 こんにちは。あなたの代わりに観てくる透明ランナーです。  2022年6月に始まった本連載「透明ランナーのアート&シネマレビュー」では、映画と美術展のレビューをこれまで34本お届けしてきました。読んでくださった皆様のおかげでここまで続けることができました。2023年もよろしくお願いします。  2022年の映画の振り返りとして、「2022年日本公開映画ベスト10」&「2022年日本未公開映画ベスト10」という記事を書きました。2023年も楽しみな映画が目白押しです。  この記

スキ
10

ピアニスト・藤田真央「指先から旅をする」(*語り下ろし)

毎月語り下ろしでお届け!

すべて見る
  • 19本

ピアニスト・藤田真央#19「モーツァルトが楽譜に残した”手がかり”――ピアノ・ソナタ全曲リサイタル」

#19 モーツァルトが楽譜に残した”手がかり” ――ピアノ・ソナタ全曲リサイタル  2月4日(土)の京都コンサートホールでの演奏会を皮切りに、また日本全国を飛び回る日々が始まります。2021年3月からスタートした「モーツァルト:ピアノ・ソナタ全曲演奏会」シリーズも第5回、ついに最終回を迎えることとなりました。  今回のコンサートでは、 の5曲を演奏する予定です。初期から最晩年までのソナタを作曲年順に並べることで、モーツァルトの人生を辿り、その創作スタイルの変化を感じ取っ

スキ
75

ピアニスト・藤田真央#18「わたしの卒業論文――理想的なコンサート・プログラムとは?」

毎月2回語り下ろしでお届け! 連載「指先から旅をする」 ◆大学院の卒業試験が、さながらホームコンサートに  12月3日に南ドイツの「シュロス・エルマウ」でのリサイタルを終え、わたしは大学院の卒業試験を受けるため、翌日ベルリンに戻りました。  わたしが通っている大学院「ハンスアイスラー音楽大学 ベルリン」では、卒業に際して実技テストと論文の提出が求められます。  実技テストは、60分程度のプログラムを自由に作成し、教授陣の前で演奏しなさいというもの。わたしは、 という得

スキ
91

ピアニスト・藤田真央#17「この景色の魅力を、即興曲で届けたい――アルプスの山々に囲まれて」

毎月2回語り下ろしでお届け! 連載「指先から旅をする」 ◆アルプスの山々に囲まれたお城のようなホテルで  2022年12月1日、わたしは羽田発ドイツ・フランクフルト行きの飛行機の中にいました。12月3日に、ドイツ南部のリゾートホテル「シュロス・エルマウ」でリサイタルの予定があったのです。  フランクフルト空港に到着すると、周りのみなさんがなにやら真剣にスマートフォンを見つめています。ちょうどサッカー・ワールドカップの予選リーグ、ドイツ―コスタリカ戦と日本―スペイン戦がラ

スキ
69

ピアニスト・藤田真央#16「亡き恩師・野島稔先生のレパートリーを――モーツァルト《ピアノ協奏曲 第27番》」

毎月2回語り下ろしでお届け! 連載「指先から旅をする」 ◆モーツァルト最後のコンツェルト  11月30日の東京・サントリーホールでのコンサートを終えた翌日から、わたしは一時ベルリンに戻って来ています。12月下旬にはまた日本に帰ってきて、コンサートで全国を廻る予定です。そのまま日本で年越しをしまして、来年1月からは再びモーツァルト漬けの日々が始まります。  まずは、1月14日、15日、16日。それぞれ松本、宇都宮、東京で、オーケストラ・アンサンブル金沢との共演です。アレッサ

スキ
85

WEB別冊文藝春秋【無料記事】

WEB別冊文藝春秋の無料で読める記事をまとめました。

すべて見る
  • 58本

【開催決定!】2/15(水) 19:30- 2023年刊行の「華文ミステリ大傑作」一挙公開!

2023年を席巻する華文ミステリは何か?  各出版社によるプレゼン合戦スタイルでお届けします!  2022年も華文ミステリは次々と翻訳出版されました。陳漸『大唐泥犁獄』(中国)、莫理斯『辮髪のシャーロック・ホームズ』(香港)、周浩暉『邪悪催眠師』(中国)、唐嘉邦『台北野球倶楽部の殺人』(台湾)etc…  時代ミステリあり、警察小説あり、古典ミステリのパスティーシュあり、それぞれの国や知識の歴史や文化、社会情況を反映しつつ、読者の意表をつくサプライズが仕掛けられた作品でした。

スキ
6

橘ケンチ『パーマネント・ブルー』、全国4店舗でサイン本販売決定!

 EXILE/EXILE THE SECONDのパフォーマー・橘ケンチさん初の小説『パーマネント・ブルー』が、いよいよ 2023年2月8日(水)に発売になります。  それに先駆けて、下記書店さんにて「ケンチさん直筆サイン本」の販売が決まりましたので、ご報告致します! 《サイン本取り扱い書店》―東京―【1】紀伊國屋書店 新宿本店 抽選制、オンライン受付開始 1/28(土)12:30 *配送不可 ―広島―【2】紀伊國屋書店 広島店 抽選制、オンライン受付開始 1/28(土

スキ
14

【2/24大阪でも開催決定!】橘ケンチ初小説『パーマネント・ブルー』サイン本お渡し会

 EXILE/EXILE THE SECONDのパフォーマー・橘ケンチの新たな挑戦―― 。  ダンスに出会い、人生を懸けたいと願う主人公・相馬賢太と、チームメイト・鉄平、大輔、柊、4人の青春を描いた初小説。 『パーマネント・ブルー』と名付けられたこの物語が、2023年2月8日(水)、文藝春秋より刊行されます! 〇  ブックデザイナー・川名潤氏の手で完成した装丁がこちら。 〇 帯にはこのおふたりからのメッセージも 作家・三浦しをん クラブカルチャーと無縁で生きてきた

スキ
20

『淀川八景』(藤野恵美・著)の装画が完成するまで【テーマソングリスト付き!】

大阪生まれ・大阪育ちの小説家が 大阪人の悲喜こもごもを描いた短篇集『淀川八景』。 『別冊文藝春秋』からうまれた八本の作品が、このたび 美しい文庫になりました。 装画家・草野碧さんに、文庫装画の制作プロセスを 教えていただきました!  大阪弁でこう言われたら、なんだか肩の力がぬけて妙に納得させられてしまいます。  日々いろんな経験をしていると、うっかり自分だけが大変だと思いがちですが、「みんなそれぞれにドラマがあって頑張っているんだなぁ……」と、読み終わったとき、以前より少

スキ
39