マガジンのカバー画像

一穂ミチ「アフター・ユー」(*小説)

3
ある日突然姿を消した恋人。彼女は自分の意志で消えたのか、それとも……。最悪の事態に怯えながら、残された青吾は手掛かりを求めて動き出す。愛を問う、大人のための恋愛小説
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

一穂ミチが描く「愛」のかたち――〈はじまりのことば〉

 二年半ぶりに「はじまりのことば」を書くことになった。前作(『光のとこにいてね』)のスタ…

35

一穂ミチ「アフター・ユー」#002

『もしもし? 大丈夫ですか?』  大丈夫って、この上なく漠然とした言葉だと思った。気遣い…

8

一穂ミチ・待望の新連載「アフター・ユー」#001

 青吾が帰った時、家の中は真っ暗だった。あいつ、きょう遅番やったっけ。電気をつけ、冷蔵庫…

27