見出し画像

【6/23(木)20時~】木下昌輝さん・小説の書き方講座 無料配信&会場観覧も!

WEB別冊文藝春秋

木下昌輝さんの最新作『孤剣の涯て』が、ついに刊行されました!


『宇喜多の捨て嫁』で鮮烈なデビューを飾って以降、歴史作家のフロントランナーとして活躍中の木下さん。『孤剣の涯て』は、そんな木下さんが新たな代表作を生み出すべくして書き上げた、入魂の一作です。

 本作の主人公は、戦国の世が終わり、”時代に取り残されてしまった”剣豪・宮本武蔵。そんな武蔵の視点から、時の為政者・徳川家康を照らし出し、家康が日本にかけたとされるある「呪い」の存在に迫ります。

 『孤剣の涯て』を読み進めると、「組織や国といった大きなイデオロギーのもとで、個人はいかに生きていくべきか?」という、現代的で普遍的なテーマが浮かび上がってきます。著者最高傑作という呼び声の高い本作ですが、このテーマにたどり着かれるまでに、木下さんは「メチャクチャ苦労しました」と語られています。
 今回のイベントでは、その試行錯誤の過程を振り返りながら、プロットの磨き方から魅力的なシーンの作り方まで、執筆の秘策を大公開していただきます!        

イベント概要


【開催日時】 6月23日(木)  20:00〜21:30(予定) 

◆オンライン視聴をご希望の方
【配信メディア】 YouTube / Twitterスペース(@note_PR)TikTok
【視聴方法】上記配信リンクより、どなたでもご覧いただけます。
【リマインド設定】Peatix申し込み、もしくはnote公式YouTubeのリマインダー通知をONにしていただいた方には通知が届きます。

◆会場観覧をご希望の方
【会場】note place(東京メトロ銀座線『外苑前』駅 徒歩5分)
【会場観覧】定員:30名(事前の登録と当日会場での検温が必要になります)
Peatix」から「会場(note place)観覧参加券」をお申し込みください。
【申込締め切り】6月20日 23:59まで

◆木下さんへのご質問も募集!

①イベントにお申し込みの際に、質問欄にご入力
②Twitterまたはnoteにハッシュタグ「 #物語のつくりかた  」を付けて投稿
いずれかでお寄せください。みなさんからのご質問、お待ちしております!

プロフィール

木下昌輝(きのした・まさき)

1974年奈良県生まれ。近畿大学理工学部建築学科卒。2012年「宇喜多の捨て嫁」で第92回オール讀物新人賞を受賞。14年『宇喜多の捨て嫁』を刊行。同作は15年に第152回直木賞候補作となり、第4回歴史時代作家クラブ賞新人賞、第9回舟橋聖一文学賞、第2回高校生直木賞、第33回咲くやこの花賞を受賞した。19年『天下一の軽口男』で第7回大阪ほんま本大賞、『絵金、闇を塗る』で第7回野村胡堂文学賞、20年『まむし三代記』で第9回日本歴史時代作家協会賞作品賞、第26回中山義秀文学賞を受賞。近著に『戀童夢幻』『応仁悪童伝』など。
Twitter

▼『孤剣の涯て』第一章を公開中


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

《読んで楽しむ、つながる》小説好きのためのコミュニティ! 月額800円で、人気作家の作品&インタビューや対談、エッセイが読み放題。作家の素…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
WEB別冊文藝春秋

「#別冊文藝春秋」まで、作品の感想・ご質問をお待ちしております!

WEB別冊文藝春秋
《読んで楽しむ、つながる》小説好きのためのコミュニティ! 月額800円で、人気作家の作品&インタビューや対談、エッセイが読み放題。作家の素顔や創作秘話に触れられるオンラインイベントのほか、お題企画や投稿イベントなど参加型企画も盛りだくさんでお届けしていきます。