マガジンのカバー画像

門井慶喜「天下の値段 享保のデリバティブ」(*小説)

3
かつて経済の中心には「米」があり、それは「証券」や「先物」に姿を変え、金融派生取引(デリバティブ)を発生させた。つまり、「金融市場(マーケット)」である――大坂堂島に実在した「米… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

固定された記事

門井慶喜が「江戸時代の金融市場」に挑む!――〈はじまりのことば〉

 以下、金融の話である。なるべくわかりやすく説明したい。  江戸時代には、たとえば旗本の…

7

門井慶喜「天下の値段 享保のデリバティブ」#002

第1章(承前)「あんたら」  と、口をはさんだのは松右衛門だった。周囲へさっと目をやって…

6

門井慶喜・新連載スタート!!「天下の値段 享保のデリバティブ」#001

序 紀州和歌山城中、二ノ丸御殿の一室でごろごろしていた新之助のもとに使いが来て、 「本丸…

7