マガジンのカバー画像

高田大介「異邦人の虫眼鏡」(*エッセイ)

8
豊かな自然と向き合い、自分の手で生活を整える。在仏十五年、『図書館の魔女』の著者が郷村生活で見つけたもの
運営しているクリエイター

記事一覧

言語学者、フランスで運転免許を取るーー高田大介「異邦人の虫眼鏡」

「図書館の魔女」著者にして、在仏15年の言語学者、高田大介さん。 古都トゥール郊外の村への…

15

【無料公開中】高田大介〈異邦人の虫眼鏡〉Vol.6「フランス中西部の奇妙な地名」

 8月18日(木)、「図書館の魔女」シリーズの高田大介さんのオンラインイベントが開催されま…

21

【無料公開中】高田大介〈異邦人の虫眼鏡〉Vol.5「すべての道に名前がある」

道に名前のないところ アイルランドの、というか世界的なロックバンドのU2に「道に名前のな…

14

「図書館の魔女」高田大介さん奇跡の初ライブトーク

※アーカイブ動画の公開は終了しました。 ご視聴くださったみなさま、ありがとうございました…

52

高田大介〈異邦人の虫眼鏡〉 Vol.4「フランスの車窓から」

「図書館の魔女」シリーズで一大ファンタジーブームを 巻き起こした高田大介さん。 在仏15年、…

16

高田大介〈異邦人の虫眼鏡〉 Vol.3「川縁の風景」

「図書館の魔女」シリーズで一大ファンタジーブームを巻き起こした高田大介さん。 在仏15年、…

18

高田大介〈異邦人の虫眼鏡〉 Vol.2「自炊者の告白」

 連載初回のリード文で「食事もすべて自炊」であるとか「自然と向き合い」などと書かれてしまった。これでは私が、言うところの「丁寧な暮らし」を旨としているみたいではないか。実情に反するとまでは言わないがどうも認識に齟齬がある。「雑な暮らし」をおくっている自覚なら無くもない。ここのところ頓に自然と向き合っているのは、昨今の情勢から向き合う相手が庭の地面ぐらいしかなかったからであって、これは自然派というよりは単に怠惰な引き籠もりである。  自炊についても主義主張に基づくものでは毛頭

高田大介〈異邦人の虫眼鏡〉 Vol.1「フランスの悪い草」

豊かな自然と向き合い、自分の手で生活を整える。在仏十五年、『図書館の魔女』の著者が郷村生…