見出し画像

史上最年少の乱歩賞作家が、"終末ミステリー"に辿り着くまで――荒木あかね『此の世の果ての殺人』

WEB別冊文藝春秋

 歴代最年少の23歳7カ月で第68回江戸川乱歩賞を受賞。選考委員全員からの絶賛とともに、新たなスター作家が誕生した。
 小惑星が日本に衝突し、地球が滅びるまであと2カ月。街から人の姿が消え、山奥では世をはかなんだ人たちが「奥地自殺」を図っている。大混乱に陥った世界をよそに、23歳の小春こはるは小さな夢をかなえるため、自動車教習所に通っていた。教習所にはただ一人、イサガワという女性教官が出勤し、小春の実習を担当している。彼女たちが乗ろうとした車のトランクから、滅多刺しにされた女性の死体が出てきてしまうところから物語が動き出す。
「大学4年生から社会人1年目にかけて、実際に教習所に通っていたんです。運転が苦手でつらかったのですが、『ここを舞台にミステリーを書くとしたらどんな話になるかな』と想像を膨らませて鬱々とした気分を晴らしていました。そんな中で思いついたのが、教官と生徒がバディを組んで事件の謎を解き明かしていくという設定です」
 謎を解き明かすといっても、一般人である二人に捜査権はない。どうすればいいかと考えた時に「地球が滅亡する直前なら、警察が機能しないのでは」とひらめいたという。しかし、そんな状況下でひとは殺人を犯すのだろうか。
「もうすぐ人類が滅亡するかもしれないというときに、なぜ殺人事件が起きるのか。そして小春とイサガワ先生はなぜ事件に介入するのか。この2つの大きな謎を提示できれば、読んでくださる方に最後まで楽しんでもらえるのではと考えました」

 デビュー作にして読者を意識したこの言葉からもわかるように、荒木さんの『此の世の果ての殺人』は、新人離れした快作だ。完成度が高くリーダビリティも抜群である。

 荒木さんが初めて小説を書きたいと思ったのは中学3年生の時。きっかけは一篇のミステリー小説だったという。
「中学校の図書館で『オールスイリ2012』(文春ムック)をたまたま手に取って、その中に有栖川ありすがわ有栖ありすさんの短篇『探偵、青の時代』が掲載されていたんです。初めて読んだ本格ミステリーに『こんなに面白いものがあるんだ』と感激して。それ以降、こんな小説をもっと味わいたいと、むさぼるようにミステリーを濫読らんどくしました」
 ミステリーに魅せられた荒木さんが「自分も書いてみたい」と思うのに時間はかからなかった。中高生の頃にはなかなか納得のいくものが書けなかったが、大学生になってからは新人賞への投稿を始める。しかし小説を書いていることは自分だけの秘密にしていたという。
「友だちに言うのは勇気がいるし、家族にも最終選考に残ったタイミングで初めて報告しました。受賞を伝えると喜んでもらえてホッとしました」
 創作方法は、まずプロットをしっかり練り上げるところから。『此の世の果ての殺人』の場合は、世界観や主人公の設定を掘り下げ、プロットを固めるまでに3カ月。執筆に3カ月。トータルで半年かかったそうだ。

「地球が滅亡するという大掛かりな設定なので、考えなければならないことが多かったですね。水道は? 電気は? 通信手段は? と、細かいところをひとつひとつ詰めていきました。終末ものを書くにあたって、ベン・H・ウィンタースさんの『地上最後の刑事』から大切なヒントを得ました。非日常の中にも『日常』はたしかに存在していて、そこにリアリティがないと『終末』をあぶりだせないんだって」

この続きをみるには

この続き: 1,178文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する

《読んで楽しむ、つながる》小説好きのためのコミュニティ! 月額800円で、人気作家の作品&インタビューや対談、エッセイが読み放題。作家の素…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
WEB別冊文藝春秋

「#別冊文藝春秋」まで、作品の感想・ご質問をお待ちしております!