マガジンのカバー画像

〈連載終了〉綾崎隼「ぼくらに噓がひとつだけ」

4
エリート棋士の父を持つ京介と、落ちこぼれ女流棋士の息子・千明。期待を背負い、プロ棋士を目指す彼らは出生時に取り違えられていたのか? 運命と闘う勝負師達の物語
運営しているクリエイター

記事一覧

エモすぎる!将棋の世界に生きる勝負師達の物語――綾崎隼『ぼくらに嘘がひとつだけ』…

「WEB別冊文藝春秋」で連載されていた 綾崎隼さんの最新作『ぼくらに嘘がひとつだけ』が 7月25…

【イベントレポート】小説家・綾崎隼さんが棋士・佐藤天彦九段に公開取材!将棋を取り…

現在、「WEB別冊文藝春秋」で将棋×青春ミステリー小説『ぼくらに嘘がひとつだけ』を連載中の…

【アーカイブ公開中】小説家・綾崎隼さんが棋士・佐藤天彦九段に公開取材!将棋の世界…

小説家、漫画家、脚本家、編集者……さまざまなプロフェッショナルたちに、創作の秘訣を学ぶイ…

綾崎隼「ぼくらに嘘がひとつだけ」 はじまりのことば

 家族の中で、配偶者だけ血が繫がっていない。  子どもの頃から、それを、とても素敵なこと…