見出し画像

今村翔吾「海を破る者」 #020

WEB別冊文藝春秋

新直木賞作家の最新作、いよいよクライマックスへ

激戦の志賀島戦を経て、
元軍を壱岐にまで撤退させることに成功した河野家。
しかし河野家への幕府の処遇は冷酷なものだった――

前へ / 最初へ戻る / 次へ

 こうあん五年(一二八二年)、春。
 相模さがみのくにかたに、地鳴りの如き念仏の大合唱が響いている。念仏の調子を導くしょうも鳴っている。その甲高い音は、人の声にはなかなか紛れないのだが、今日ばかりは霞んで聞こえた。唱える念仏に狂いなどない。どの者の口も、ぴたりと同じ動きをしていた。
 人々は往来に見渡す限り溢れ、絶え間なく足を動かし、肩と肩、腕と腕が擦れ合い、仲春だというのに常夏の如き熱気が巻き起こっている。声と熱、二つが入り混じって、そうてんくほどに立ち上っていた。

 一昨日、いっぺん一行は鎌倉に入ろうとしたところ、ぶくざかで御家人に止められた。その口からは、
 ——とくそう
 つまり鎌倉幕府執権ほうじようときむねの意向だという。御家人たちに指示を出し、己たちの鎌倉入りを阻止させたのであろう。いや、
 ——あの場に時宗はいたのではないか。
 と、一遍は推し量っていた。

 一遍の前に立ちはだかった御家人たちは時折、背後を盗み見ていた。当人たちは気付かれていないつもりだろうが、一遍の目には明らかである。視線の先には、板屋根、板塀の何の変哲もない家屋があった。
 家の中に気配を感じる。一度だけだが人影も見た。
 おどりねんぶつの噂はすでに鎌倉にも届いているはずだ。時宗は、自らの目でそれを見たいと、密やかに足を運んだのではないか。
 ——そうあってくれ。
 一遍はよどみなく念仏を唱えながら、心中で祈るように呟いた。
 そもそも己は何故、鎌倉に向かったのか。鎌倉にも己を欲してくれている者が大勢いるとは聞いている。それだけでも行かねばならぬ理由にはなる。ただそれは鎌倉に限ったことではなく、各地からそのような声が届いている。

 それらの地を回って、己たちが決して邪でないと得宗家に示した上で、鎌倉に入るべきでないか。弟子たちの中には、そのようにしんする者も少なからずいた。
 だが一遍には、今この時に鎌倉に向かわねばならない理由があった。
 昨年の弘安四年のこと。元は前回の数倍の大軍で来襲し、日ノ本中を震撼させた。
 幕府はあらかじめ西国の御家人を動員して九州の防衛を命じていた。その中に、一遍の出自であるこう家もあった。一遍の父は河野家のお家騒動に巻き込まれて命を落としている。一遍はそんな河野家に失望して出家を決めたのであった。

 だが、ろくろうみちありが家を継いでから、
 ——河野は変わった。
 河野家はかのしまで元軍に立ち向かい、その獅子ししふんじんの働きを、九州在陣の御家人たちは手放しで褒めちぎった。その報は遠く幕府にも届き、時宗は食事の最中であったが、
 ——河野がやってくれたか!
 と、歓喜に思わず立ち上がって、膳をひっくり返すほどだったとか。
 博多からの上陸を諦めた元軍は、ぜんたかしまを目指した。

 河野家は志賀島の戦いに続いて、鷹島の戦いにも加わった。が、この戦が終わった時、六郎は謹慎を命じられた。
 河野家を如何に処するか。時宗を中心に幕府内で協議が始まってから、一年が経とうとしている。間もなく河野家にはが下される。その沙汰というのが、
 ——領地一切の召し上げ、当主六郎の切腹。
 そう、まことしやかに噂されているのである。
 鷹島の戦いで六郎が取った行動を耳にした時、一遍は愕然とした。六郎たちを非難するつもりは毛頭ない。むしろ身を震わせるほど感動を覚えた。それと同時に、
 ——わしは何をしているのだ。
 というざんの念が込み上げて来た。
 己は河野家を見限って逃げ出した。対して、六郎は決して諦めなかった。毎年、ひっそりと伊予に戻り、六郎の苦悩に、葛藤に、そして想いの強さに触れて来た一遍には、その行動が理由あってのものだと、痛いほどに解っていた。

この続きをみるには

この続き: 3,416文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

《読んで楽しむ、つながる》小説好きのためのコミュニティ! 月額800円で、人気作家の作品&インタビューや対談、エッセイが読み放題。作家の素…

購入済みの方はログイン
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
WEB別冊文藝春秋

「#別冊文藝春秋」まで、作品の感想・ご質問をお待ちしております!